Back to Top

提案力

●高気密・高断熱・高耐震住宅<スーパーウォール(SW)工法>のご提案

すぐれた高気密・高断熱・高耐震性能を実現したSW工法をお選びいただけます。SW工法で建てた住宅は保温性が高く、冷暖房の効率を高めるので、夏涼しく、冬暖か。
さらに耐震・耐久性にも優れた住宅です。次世代省エネ基準にも適合します。

SW工法提案住宅「高Q館」

SW工法住宅構造図

<SW工法の高性能な住まいごこち>
1. 温度差が小さい

一年を通して快適な環境を維持できます。(冷暖房との併用)

(注)ここに掲載しましたデータは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様、生活スタイル、立地条件、測定条件等によっては、異なった値となる場合があります。

保温性が高く冷暖房効率がよいので、部屋の上下の温度差が小さく快適です。

●部屋の上下の温度差を壁面温度の熱画像で比較

実在住宅測定例(赤系ほど温度が高く、青系ほど低いことを示します)

[SW工法住宅]
天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。(冬期暖房時)
※暖房方式によって異なる場合があります。
[一般住宅]
天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。(冬期暖房時)

2. 地震や台風に強い

独自のパネル構造で耐震性・耐風性を高めています。永く安心して暮らせる、耐久性があります。

※充分な耐震性を得るためには地盤にあわせた基礎工事の必要があります。建築時に当社と十分に打ち合わせの上、ご確認ください。

3. 音が静か

家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。室内からの音漏れも抑えます。

4. 空気がきれい

外からの空気を常に取り入れ、室内の汚れた空気を排出し、室内の空気のよどみが少ない。


換気システム「かいてき君」の場合

5. 省エネルギー

SW工法の住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度の低下はゆるやか。暖房を再び開始して快適な室温にするまでのエネルギーも少なくてすみます。

SW・SS工法ホームページへ