Back to Top

ホーム >  佐々木工務店の家づくり  >  環境への取り組み  >  環境への取り組み

環境への取り組み

私達は家づくりをする上での基本として[耐震性・耐久性・デザイン・住み心地]を中心に考えており、又、私達はこれを考える他、ECOの取り組み=イニシャルコストの削減にも力を入れております。
今後、「エネルギーの見える化」など「省エネ」意識を高められる効果にも期待が高まります。

平成24年度、住宅ゼロ・エネルギー化推進事業の選択をされました。
《ゼロエネルギー住宅推進事業とは、「ゼロハウス」への取り組み、太陽光発電(ソーラー)、高性能断熱材、Lo-Eガラス、エコキュート、エコジョーズ、 節水、LED照明○等(竹光灯)を積極的に取り入れて、環境と意識したゼロエネルギー住宅「ゼロエネハウス」を目指した住まい作りです。》これらは今後の住まい作りに欠かせない標準的な取り入れとなってくるでしょう。

【ECOの取り組み】

1:太陽光

2:断熱効果の利用

私共はECOの取り組みとして、ゼロエネルギー住宅推進事業でご説明した様々なものに取り組んでおりますが、長い目でのイニシャルコスト削減として、《太陽光》・《断熱効果の利用》も積極的に行っております。いずれも、イニシャルコスト削減等、今後私達の生活に大きく関わる取り組みで、一見コストが高いと思われがちですが「お財布にやさしく」、「健康面への影響も大きい」、。と長い目でみてメリットある取り組みだと思っております。

以下、詳細をご覧ください。

1:太陽光

自然エネルギー・太陽光発電システムの取り組みは15年経ちますが、東日本大震災以降、節電および自然エネルギーへの意識が高まってきております。
私共はこの意識を基に、もっと効率のよいエネルギーの創出を考え、Panasonicソーラー発電の施工店研修に参加し、施工体制を整えております。

太陽光発電システムとは?

ソーラーパネル太陽が昇るとその自然の力で発電をし、太陽が沈むと停止する。
自然運転の発電システムです。
 

太陽光発電システムの流れ・・・

  1. 太陽光発電モジュールで発電し、
  2. 接続箱によって、パワーコンディショナーに接続します。
  3. パワーコンディショナーによって、家庭で利用できる様に直流電気から交流電気に変換し、様々な電化製品に利用できるシステムです。
  4. カラーモニターによって発電状況を確認できます。



 

カラーモニターではリアルタイムでの発電量・使用量・金額等が表示されるので毎日の発電状況を画面で確認することができます。

~晴れの日の例~

太陽光発電を取り入れる事がどうイニシャルコストの削減につながるのか?
→太陽光発電を取り入れた、ゼロエネルギー住宅の実際の太陽光データをご覧ください。

2:断熱効果の利用(イニシャルコスト削減目的)

断熱効果の利用の一つとしてSW(スーパーウォール)工法があげられます。
(※SW工法とは、省エネ性能の最高峰を実現する高断熱な壁・小屋パネルを使った工法です。)
SWパネル内の断熱材・発泡ポリウレタン(水分を吸収しない発泡ウレタン)は、様々な実験により水を通しにくい素材であることが確認済みで、長く高い断熱性能を保ちます。
さらに内側からの水蒸気をガードし、室外からの湿気も通気層から掃出し、と建物の乾燥状態を保って耐久性を高める事ができます。

SW工法では、「廊下・トイレ・お風呂場・洗面所」など建物内で最も寒いとされる場所と、各室内の温度差をなくす事ができます。
高断熱性能によって外気の影響を受けにくいので、「夏は涼しく。冬は暖かく。」と、四季を問わず、快適な室内温度を保つことが出来、一年を通して快適な居住環境を手に入れることができます。

また、冬は建物内外の温度差が激しく「結露がすごい。」なんて経験はありませんか?
水分を含んだ断熱材はその性能が低下するだけではなく、周囲の木材を腐らせる原因にもなります。そこでも水分を吸収しない発泡ポリウレタンを使用する等、内部構造を重視する事で、結露を防止することができるのです。

また、建物内の温度を均一にする目的の他、同じ室内の温度を均一にする事にも効果が期待できます。
通常の住宅の場合、同じ室内でも足元と上部ではかなりの温度差があります。
冬に暖房を入れてても、足元が冷たい。という経験が皆様もおありになるのではないでしょうか?
せっかく温めた部屋でも室内温度が一定に保たれていないのでは、実際に肌で感じる温度は下がってしまいます。また、急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。
特に高齢者には血圧の上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大な問題となる可能性が高くなります。

そんな問題点を解消する為にも私達はSW工法をおすすめしております。

皆様も、ECOに取り組み日々快適に過ごせて、ライフサイクルコスト削減。
更に省エネで健康的なライフスタイルを手に入れてみませんか?