Back to Top

日本科学未来館

カテゴリ : 
スタッフ
2015-5-25 8:00

 

皆様おはようございます。

5/25(月)。晴れ。

 

 

沖縄は先週梅雨入りしました。

例年より遅めの梅雨入りの様です。

 

関東の梅雨入りはどぅでしょう・・・

6月上旬~6月半ばと推測されているみたいですね。

 

 

 

 

 

 

先週末は未来を考える!科学について学べる日本化学未来館へ行ってきました。

チームラボは今月初めで終わってしまったので残念!

 

 

 

 

 

【1階にはコミュニケーションロビー】

 

映像が流れる多目的スペースになっております。

 

 

 

 

 

【 3階は未来をつくる部屋】

 

 

「おやっ?こひろば」

 

 

子供達が自分の頭で考え、遊ぶ事で子供のハテナを引き出す事を目的をした広場。

楽しみながら、自然に学べる事は沢山ありますね。

 

 

 

「アナグラムのうた」

 

 

空間情報科学が浸透した世界を体験できます。

 

 

 

「インターネット物理モデル」

 

 

パソコン、携帯電話などでのメッセージのやりとりを白と黒のボールの流れで表現してくれるもの。

実際に体験もできます。

 

 

 

「ASIMO」

 

 

ASIMO君に初めて会いました。

人間と同じ空間での活動を目指して開発されたASIMO君。

すごい丁寧で、話もソフトで親しみやすかったです。

最後にみんなに手話であいさつしてくれました。

 

 

 

他にもいろんなみらいをつくるブースがあります。

 

 

 

 

 

【5階は世界をさぐる部屋】

 

 

 

「深海にもぐる」

世界最深クラスの潜航能力を持つ有人潜水調査船「しんかい6500」の原型モデルがあります。

潜水中は8時間もの間大人3人がこの狭い空間で過ごすみたいです。

 

 

 

「ともに進める医療」

 

 

進歩を続ける医学や医療技術の紹介、生命倫理についても考えていく部屋です。

 

 

 

「細胞たち研究開発中」

 

 

IPS細胞ができるまでストーリーを体験できるブース

生命の基本単位としての細胞に焦点を当てた部屋です。

 

 

 

「5階cafeスペース」

 

 

口のなかでパチパチ、

コスモツイスターいただきました。

 

 

 

 

 

【7階には展望ラウンジ】

 

 

お弁当持ち込みもできるらしく、自由に休憩スペース利用ができるみたいです。

 

 

 

 

 

【そして1階から5階の吹き抜けゾーン】

 

 

 

ここ日本化学未来館のシンボルともなるこちらは宇宙から見た地球をリアルに映し出したもの。

Geo-Cosmos、Geo-Scope、Geo-Palette、

3つのツールを使って、地球を感じ、探り、描く、の「つながり」プロジェクト。

 

1階にはこのシンボルを寝ながら見上げられるソファーもあります。

 

 

 

 

 

【最後に1階吹き抜けソーンを抜けるとミュージアムショップがあります。】

 

科学にまつわるgoodsが沢山あります。

昨年話題になったミドリムシシリーズも。。

 

 

 

 

 

 

チームラボは終わってしまったけど、いっぱい楽しめました。

子供から大人まで楽しめます。

人気があったのでまたイベントやってくれるといいな。

次回はドームシアターも行ってみたいです!

 

 

 

ここ日本科学未来館をみて思う事がありました。

 

私達人間、そして科学、そして自然との関わりあいについてまだまだ学ぶ事は沢山あるし、これからの未来はどうあるべきかを考えなくてはいけないなと。

 

トラックバック

スタッフブログ

スタッフブログのトップへ